車種の人気・不人気

人気の車種

あなたの愛車が新車価格の高い高級車であっても、新車価格の低い車種の方が査定額は高くなることがあります。

つまり、元値が査定額に必ずしも反映されるわけでは無いというとこです。
それが車種の人気と不人気の違いです。

車買取りは再販を目的にしています。つまり再び販売することが前提なので中古車市場の価格が買取り価格の基準になります。なので、

中古車市場で人気のものは状態が良くなくても 良い値段がつきやすい
人気の無い車種はオプションや状態が良くても 良い値段がつきにくい

ということになるのです。

今は、コンパクトカー ハイブリッド車 ミニバン 軽自動車が人気です。
新車の販売台数でも同じようなデータがでています。

車買取業者は、今人気の車種を仕入れると早く販売することができるので、在庫のリスクが減ります。なので多少状態が良くなくても高い査定額になります。

それでは、不人気車はと言いますと、
今は高級車、高額車がそうです。

実際のところは、値下がり幅が大きいので不人気車という表現をしていますが、人気車種に乗っている方も本当はこちらに乗りたい方も多いのではないかと思います。
どうしても、燃費や維持費を考えるとなかなか手を出しにくいところがあると思います。

高級車は、新車で500万円くらいで購入して、3年乗って査定に出したら200万円ということもあります。300万円の値下がりということで不人気車という定義になるのです。

実は、高級車に乗る層の方は、新型が売り出されると新型車を乗り継いでいく傾向があります。
高級車を買う層が中古車に乗らないということもあり新型が出るとガクンと値下がりします。確かに中古車で400万円、新車で500万円のような比率的に小さな価格差(実際はかなりの価格差ですが)では、メーカーのサービスや保証などを考えると新車を選ぶ気持ちも分かるような気もします。
羨ましい話です。

高級車、高額車以外の不人気車は、デザインが特徴的なものや人気車種の影に隠れてしまった車種です。実は乗ってみるといい車が多いのですが、あまり有名ではなかったりするので、中古車を買う立場になってみると知らない車を買おうとはなかなか思いません。

中古車が売れ残り長く展示していると、走行していなくてもどんどん年式が古くなり販売価格が下がってしまいます。なので不人気車種はオプションや状態が良くても高く査定できないのです。

ただ、不人気車種も欲しい人にとっては求めている車です。
特長的な車種は好きな人にはたまらないものがありますし、高級車は元の価格が高いので査定額の幅も大きくプラス査定になる可能性があります。

車買取一括査定を使いできるだけ多くの機会に触れさせることで高い買取りにつながることも十分にあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ